メディカルトピックス
食べ物とお薬の関係

〜注意してほしい組み合わせ〜

 飲食物、嗜好品、サプリメントなどの食品によって、お薬の作用が強く出てしまったり、逆に弱くなってしまうことがあります。今回は、注意していただきたい組み合わせについてお話します。

柑橘類と『降圧剤・抗血小板薬・高脂血症治療薬』

 柑橘類に含まれる天然フラボノイド成分が、小腸でのお薬の分解を妨害することで、お薬の作用が強くなるものと弱くなるものがあります。お薬を分解する能力には個人差があり、柑橘類の影響は長いもので数日続くとも言われているため、同時の摂取だけを避ければよいのではなく、お薬を服用している期間は常に注意が必要になります。 (当院採用薬では、アダラート、エックスフォージ、ノルバスク、アムロジン、ペルジピン、ヘルベッサー、ワソラン、プレタール、リピトールが注意の必要なお薬です)

 

ビタミンK含有食品と 『ワーファリン』

 ビタミンKを多く含む納豆・クロレラ・青汁などは、ワーファリンの作用を弱めてしまうため、食べないようにしてください。

 

アルコールと『睡眠薬』

 アルコールは中枢神経を抑制する働きがあるため、睡眠薬の効き目を増強し、記憶障害などの副作用を起こす可能性があります。睡眠薬をアルコールで服用したり、アルコールを飲んだ後に睡眠薬を服用することは避けてください。

 

 民間のサプリメントでは、相互作用のデータ自体がなく、摂取しても差し支えないかどうかがお調べできないものもあります。ご心配な方は、成分がはっきりと分かっている処方箋医薬品や漢方、当院採用のサプリメントでの治療を、医師にご相談ください。

薬局 薬剤師 藤島 千紘 

 

pagetop